会則

              
第71回全国公立高等学校事務職員研究大会山口大会実行委員会 会則
       

(名称)
第1条 この会は、第71回全国公立高等学校事務職員研究大会山口大会実行委員会(以下「実行委員会」という。)と称する。

(目的)
第2条 実行委員会は、全国公立高等学校事務職員協会(以下「全国協会」という。)会則の規定により、平成30年度に山口県において開催される第71回全国公立高等学校事務職員研究大会(以下「本大会」という。)の成功を期し、本会の準備及び運営、その他全般について必要な業務を行うことを目的とする。

(実行委員会の業務)
第3条 実行委員会は、前条の目的を達成するために次の業務を行う。
 (1) 本大会の開催準備及び運営等に関すること。
 (2) 全国協会及び関連諸団体、関係機関との連絡調整に関すること。
 (3) その他、実行委員会の目的達成に必要な事業に関すること。

(組織及び委員)
第4条 実行委員会は、山口県公立高等学校事務職員協会(以下「県協会」という。)の会員から委員等を選任し、委員の構成及び選任方法は、次のとおりとする。
 (1) 委員長 1名 県協会の会長をもって充てる。
 (2) 副委員長 1名 委員長が委嘱する。
 (3) 事務局長 1名 委員長が委嘱する。
 (4) 事務局次長 2名 委員長が委嘱する。
 (5) 事務局員 2名 委員長が委嘱する。
 (6) 係総括 9名 委員長が委嘱する。
 (7) 係員 若干名 係総括の推薦により、委員長が委嘱する。
 (8) 監事 2名 委員長が委嘱する。
2 組織の構成及び業務内容については、別表のとおりとする。

(委員の任務)
第5条 各委員の任務は次のとおりとする。
 (1) 委員長は、実行委員会を代表し、会務を統括する。
 (2) 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときはその職務を代理する。
 (3) 事務局長は、委員長の命を受け、事務局の業務を統括する。
 (4) 事務局次長は、事務局長を補佐し、事務局長に事故あるときはその職務を代理する。
 (5) 事務局員は、事務局の業務を行う。
 (6) 係総括は、所管する係を総括し、担当業務の企画立案及び運営にあたる。
 (7) 係員は、所属する係の業務を行う。
 (8) 監事は、実行委員会の会計の監査をする。
2 委員の任期は、原則として就任した日から実行委員会の業務が全て終了するまでとする。
3 任期途中に欠員が生じた場合は、第4条第1項の選任方法により後任者を選任することができる。

(係)
第6条 実行委員会の目的達成のため各係を設置し、必要な準備・運営にあたる。
2 次の係をおく。
 (1) 会計係
 (2) 渉外係
 (3) 編集係
 (4) 記録係
 (5) 進行係
 (6) 受付係
 (7) 案内係
 (8) 会場係
 (9) 分科会係

(会議)
第7条 実行委員会の会議(以下「実行委員会議」という。)は必要に応じて委員長が招集し開催する。
2 実行委員会議は、委員長、副委員長、事務局長、事務局次長、係総括で構成し、本大会並びに実行委員会の予算、決算の承認のほか実行委員会の重要事項の決定を行う。
3 実行委員会議の議長は委員長がこれを行う。
4 実行委員会議は構成員の3分の2(委任状を含む。)を定足数とし、議決は出席者(委任状を含む。)の過半数によって決する。ただし、可否同数の時は議長が決定する。
5 監事、事務局員は委員長の要請若しくは本人の申し立てにより実行委員会議に出席することができる。ただし、議決権は行使できない。
6 各係は、必要に応じて会議を開催できるものとし、それぞれの係総括が委員長に届け出て開催する。
7 各係総括は、会議で審議された内容について、委員長に報告する。

(経費)
第8条 本大会及び実行委員会の運営経費は、大会参加費、負担金、補助金及びその他の収入をもって充てる。

(解散)
第9条 実行委員会は、第71回全国公立高等学校事務職員研究大会が終了し、決議が完了したときに解散する。

(その他)
第10条 この会則に定めるもののほか、実行委員会の運営及びその他に関し必要な事項は、委員長が定める。

 附 則
この会則は、平成28年11月1日から施行する。